2012年07月05日

あとは、クリア

乾いたので、塗装に向け、デカール貼りでも
IMG_4067.jpg

今のタンクは、TY125を下敷きにしたので、
デカールは、やや上の方に。

どの辺りに貼るか、ウェブからピックアップ
120704.jpg

いろいろです、オリジナルは、
ヤマハの資料と比較して判断することに

デカールは、いつものネットショップから
IMG_4066.jpg

位置決め
IMG_4068.jpg

目を入れるような感じで、貼り付け
IMG_4070.jpg

リタックシートとマスキングテープを剥がして
満足満足 (^^)
あとは、クリア吹き
IMG_4071.jpg

posted by QA50 at 22:32| Comment(2) | ヤマハTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

予備エンジン

入手したきり放置のTY250のエンジンの様子を確認することに

安い作業台は、別のエンジンを乗せて
いじっている内に、木製の台部が折れてしまったので、
その修理から。

IMG_4041.jpg

2x4防腐材なら、重さも耐候もいいかな

IMG_4042.jpg

でけたので、エンジンを乗せ、腰上やら取り払って、
クランク室にオイルを流し込んで、クランキング。

IMG_4043.jpg

エンジンを逆さにしてオイルを切って、
クランキングしながら、パーツクリーナを吹いて、
何となく塩梅を見たりして、オイルで
もう一回共洗い。

さかさまにして、オイルを出して、
明らかなサビやら水やらは、なさそう。

パーツクリーナーをガンガン吹いて、
汚れを観察。
冷えて、水滴ができていそうなので、
しばらく、放置。

暇なので、適当に塗られたクランクの黒塗装を
剥がして。

IMG_4045.jpg

ミッションも同じように、少量入ったオイルを抜き、
安い新品オイルで共洗い。
大丈夫そう。

IMG_4044.jpg

カバーを掛けて、しばらくはこのまま保管。

汚いエンジンですが、折角場所を取るなら、ディスプレイして愉しめる
位に掃除しておきたい気もします

エンジンに付属したクラッチケーブルの傷みが少ないので、
取り外して、TY250に組み替えることに。





posted by QA50 at 22:49| Comment(0) | ヤマハTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

ライン入れ

時間の掛かるラインのマスキングは、塗装の前日に。

ラインのマスキングテープを皺にならないように、
並行に貼る3本が、重ならないように離れないように

黒く塗る真ん中の1本だけを剥がして、
塗らない場所は、注意してマスキング。
塗末が入り込みそうな場所は、念を入れて重ねまくって
IMG_4031.jpg

だいたい1時間。
次の日、マスキングの浮きを再確認して。
塗装は、乾くのをほとんど待たずに3回吹いて、数分。

IMG_4033.jpg

すぐにマスキングを貼ったた順番に剥がしても
タイミングは、遅めかな。

IMG_4034.jpg

テープ側の黒の塗膜が上手く剥がれなかった2箇所を
カッターで切り取り。

黄色と白の塗り分けでマスキングの段差ができ、
黄色が塗れていなかった僅かな部分を筆で色づけ。

OKかな





posted by QA50 at 21:15| Comment(0) | ヤマハTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

黄色を乗せて

今のアルミタンクは、TY125の塗り分けを見本にしましたが、
今回は、TY50ベースでマスキング
IMG_4008.jpg

1時間。
塗料の進入がないように、注意して
IMG_4009.jpg

翌日
サイドのデカールも拵えたので、貼付して
ラッカーのクリアを厚吹き。

で、黄色をスプレー。
エッジを塗って、裏面をスプレー。

全体とマスクの境目を一気に。
IMG_4012.jpg
塗りムラを確認して、
10分後、マスキングを剥がして。

余り乾燥時間は長くない方が、よろしい感じです。

サビが浮き始めたエキパイは、今回は塗膜の薄い耐熱スプレーでなく、
筆で厚塗り。
エンジンを掛けて強制乾燥をしようかと思いましたが、
気が乗らないので、またの機会に。



posted by QA50 at 22:06| Comment(0) | ヤマハTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

塗りモノ

家人と遊びに出て、時間が半端なので、
ミニツーは止めて、塗装でも。

タンクは白サフを研いで、
両サイドを中心に、アクリル白を
IMG_3962.jpg

サイドとテールもあちこち塗装剥がれが
IMG_3961.jpg

研いで、密着塗装して
IMG_3963.jpg

白を下塗りしなかったので、隠ぺい力の弱い
黄色は厚塗りしないと
IMG_3964.jpg
クリアも吹いて

シートも
IMG_3965.jpg

それ用で、薄く
IMG_3966.jpg

次は、サイドのデカールを作って、
黄色の塗り分けラインをマスク。


posted by QA50 at 22:45| Comment(0) | ヤマハTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

結局、ポイント交換、FフォークO/S交換

TYをショップさんから引き上げ。

ポイントは、フライホイールを外しての交換ですが、
メーカーの専用治具を入手されたようです。

数千キロで、面が荒れまくり。
ポイントの手入れは、面倒そうなので、磨いての再使用でなく、
交換に。
IMG_3947.jpg

フォークのO/Sは、交換の形跡があったそうですが、
液ガスが塗ってあった模様で、剥がすのに手間が掛かった模様。
IMG_3946.jpg

孔食しているフォークも磨いて、
ケミカル処理をしていただいておりました。

部品を買っておいた方がいいのかな?

しばらくは、つつがなく走れるといいな (^^)



posted by QA50 at 21:45| Comment(0) | ヤマハTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

またリセット

不具合も出始めたので、リセットすることに。
お店に出して、フォークシールの交換を。

ポイントは焼けているらしいのですが、
普通のフラホ外しでは、外れない模様。
なので、工具の手配で、退院は1週間先送り

毎日覗いている2ストのブログでも
同じ内容の記事が。

3年前にもポイントとコンデンサーを交換しているので、
その時はどうしたのだろ?

消耗部品は、RDやらDXやらで使っているので、
適当に見つくろって、また補充しないと。
どんどん高くなるし・・・

外装も、ウレタン塗装でも、ガソリンに当たって、
塗装が浮いたり、サイドやらテールカウルやらは剥げたりなので、
塗り直すことに。

アルミ仕立てにしたかったイーハトーブに装着するため、
アルミのTY250タンクシルバー仕様を天井裏から
IMG_3904.jpg

見直すと、凹みが修正し切れていないので、
マジックでマーク
IMG_3905.jpg

マスキングして、グレーのサフを厚くスプレー
段差を研いで、白のサフ吹き
IMG_3913.jpg

夏までに形に♪

組み直したホイールに入れ替えたり、
シルバーチェーン。
ステップ、バッテリーケース、チェーンカバーは、
TY125用の再塗装済みがあるので、入れ替えようかな


posted by QA50 at 22:27| Comment(2) | ヤマハTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

身の丈で

TY250のフォークは、オイル漏れが加速。
シール交換は、σ(^^)だと時間が掛かるのは
経験上、分かっているので、餅は餅屋にお願いすることに。

シールは、出ますが、その周囲の部品在庫なしです。
併せて、フライホイルを外しての点火チェックも。

ホームセンタから割引のハガキが来たので
身の丈にあった作業の用意でも

IMG_3874.jpg

posted by QA50 at 21:22| Comment(0) | ヤマハTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

開けたら、もう少しメンテを

少しいじったら、気になる点も出てきたので、
もう、ちょっとお手入れを

高回転で過充電になり、硫酸パンチをくらっている
マフラーを見掛けるし、電解液がないと、
電装への負荷が大きくなるので、バッテリを。

プラスのケーブルの被覆が破れているので、
一回切り飛ばして、ハンダ付け。
その部分を熱収縮チューブで被覆修繕。

3つの槽は全部レベル以下で、内2つは
電極も露出。
少し電解液を足して、充電開始。
IMG_3837.jpg

充電を終えて、少しだけ電解液を足して、
アンダーレベルに。

ヒューズは、切れてないけど、水気が浸入したのか
IMG_3838.jpg

酸化がひどいので、新品に交換。
ホルダーに予備を補充。

配線の被覆破れ、束ねたテープの劣化も
あったので、専用テープで補修。

ウインカーも右は、前のみ点灯で、点滅しないので、
コネクターを総チェック。
ヘッドライト内、オイルカバーに集中しているので、
確認すると、2箇所外れていました。

無事、点滅するように (^^)

近所へ
IMG_3839.jpg

小麦は、そろそろ収穫っぽい。

帰り、バイク屋さんへ。
車検整備で、混んでいる模様。

フライホイールを外しての点火系の点検は面倒なので、
お願いする方向で。
フォークもオイル漏れなので、交換しようかな。
シールの交換は、タイヤ交換と同じ位面倒なので、
プロに任せよう。

来週、預けることに。
オイルシールは、出るのかな?




posted by QA50 at 22:33| Comment(0) | ヤマハTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

もう少しメンテでも

TY250も製造されて37年、あちこち傷んで
いるので、もっとメンテしないと、調子良くなくても
当然かも知れない (^^;;

入りから
IMG_3820.jpg IMG_3821.jpg

ボチボチ汚れているので、灯油で洗って
パーツクリーナで拭いて。
生地は、4年目なので、まだ劣化はなく

やや疑わしいコイルを
IMG_3822.jpg

一次コイルからのコネクターが緩いので
ちょっとカシメて。
IMG_3824.jpg

接点にコンタクトスプレー
鉄芯とアースにスレッドコンパウンドを
IMG_3823.jpg

怪しいキャブを
タンクを外して、ワイヤーを手繰って、SVを上へ
オイルのラインを外して
IMG_3826.jpg


IMG_3826a.jpg
部品交換から4年なので、不具合はなさそう
各穴から、パーツクリーナを吹いて、
どこからともなくゴミが少々。
Oリング関係も大丈夫。


IMG_3826b.jpg
あちこちからゴミが。
ここも吹いて。

メインジェットも
IMG_3826c.jpg

OK
IMG_3827.jpg

外したパーツを組み付けて、試走へ
IMG_3828.jpg
冷間エンスト、ミスファイアで、
暖まれば、一応走ります。
爆発に力がないような・・・

あちこち心配な部分もあるので、また、バラしましょ






posted by QA50 at 23:15| Comment(0) | ヤマハTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。