2009年10月31日

ペダル長

シフトし難いTYのコメントがあったので、
ちょっとは関係しそうな、シャフトからシフトペダル先端までの長さを
測ってみることに

とても長く見えるTY250は

1031.jpg

15cm
ペダル径は15mmくらい

TY125

1031 (1).jpg

12cmで、径も12mmくらい

手持ちのシフト

1031 (2).jpg

上:PLにはないけど、時々TYの部品としてオクで見かけます
  短くて10cmくらい
中:12cmくらいだけど、ペダル径が太くて20mm
下:TY250の前オーナは、コンチハンとこのシフトで乗っていた模様。
  12cm
  これは、カカトでの操作が可能でしたが、一番上の画像の長いペダルに
  変更したところ、ストロークが増え、シフトアップのときの
  感触が良くなりました。

シフトが長くなれば、小さい力でシフトアップできて、
長くなったストロークで、ギヤの入った感触もはっきりする気がします。
でも、σ(^^)の場合、TYに乗り始め頃、シフトに違和感があったのですが、
比較的、短い時間で馴れた気がします。
他のオーナの方からもシフトの硬さの話は聞かないので、
気にならない範囲なのかも知れません。

個人差もある感覚的な問題でもあるので、なんとも難しい。
これにバイクの個体差も加わると、更に。


posted by QA50 at 22:44| Comment(3) | ヤマハTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

みかも/ヒラノさんに助けられ

イベントのミニツーは、のんびりペースなので、
前を走るDT-1さんは、エンジンの調子が悪くなってきた模様。

やがて、イベントも終わり、三々五々エントリー車も帰っていきます。
が、TYはエンジンが掛からない〜 (^^;;

リュックを開けて、工具をみると、うわッ、イーハのでした。
コレじゃ、プラグも外せません。

弱ったものです。
困っていると、ヒラノPOPに乗った救世主が。
σ(^^)のも、プラグのカブリでした。

反省ですが、工具は確認して、プラグも背負いましょうデス!

助けて貰ったヒラノのスクーターは、会場でも目立っていたので、
写真を幾枚か撮っていました。

初めて見ましたが、スマートなデザインです。

091025hp.jpg

メーター周りもっすっきり。

091025hp (1).jpg

その心意気が、メータ内のロゴにも

091025hp (2).JPG

下のが、ヒラノなのは、知っていましたが

091025hp (3).jpg

これも、かわいい、イタルのパック2にも通じるような
オリジナリティが

どんなメーカーだったのか、ちょっと気になります


posted by QA50 at 23:54| Comment(2) | イベントとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みかも/弁当&キーホルダーつきでした

イベントの受付でゼッケンと封筒を

封筒の中身は、エントリーリスト、次第とコース図、名札、
厚い革製キーホルダ

091029.jpg

弁当は、盛りだくさんで、なかなか立派

posted by QA50 at 23:19| Comment(0) | イベントとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

みかも/ヤマハ車2

「みかも」は道の駅で、東北道佐野藤岡インター近くです。

やっぱり、ヤマハ車に目がいくので、イベントの合間に
パチパチと


091025yy.jpg
なんか、やさしい形です、YC1は50年代のバイク


091025yy (1).jpg
1キャブなんだぁ、しかもキャブが、クランクに潜り込んでる (^^)


091025yy (2).jpg
形にこだわりがありそう、GKのデザインなのでしょう
音叉も細身です


かっこいいなぁ、DS7
091025yy (3).jpg
バーエンドなセパハンが、とても似合います! (^^)
細身で、水平なマフラーも

空冷RDまで続く、この面のすっきりしたエンジンも
091025yy (4).jpg

楽しく疲れにくそうな林道バイクの増車を決めましたが、
その次は、ヤマハのスポーツ系を狙いたくなります





posted by QA50 at 23:41| Comment(7) | イベントとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

みかも/渡良瀬遊水地

会場から、のどかな景色の中をのんびり走って、
10km強離れた渡良瀬遊水地へ

折り返し地点での休憩のときにシャッターを
初めて見ましたシリーズ

渋過ぎる、ベンリーJ 1953年だそう

I091025wt.jpg

スズキのロータリー

I091025wt (1).jpg

ホンダの水平対向ジュノー

I091025wt (2).jpg

華やかすぎるトラ、アリエル、ベロセット

I091025wt (3).jpg

手前のトラは1913年製らしいです、四捨五入で、百歳にも係わらず、
走れちゃうのが、凄い!
オーナーさん、えらいですっ! (^^)

BMもドカもかわいいですねぇ、この辺りの時代とサイズが

I091025wt (4).jpg

どの排気音も、ほとんど聞くことができなかった点が心の残りです。
次の機会があれば、どんな排気音か耳に収めたいなぁ





posted by QA50 at 23:03| Comment(0) | イベントとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

みかも/ヤマハ車

ツーストなヤマハ車は、マイナーです。

YC1

091025y.jpg

エンジン含めて、まとまっていて、いいですねぇ。
この色も似合います (^^)

YD3?

091025y (1).jpg

この時代のヤマハがカッコイイのですが、エントリなしでした、残念。

フルカウルなTA125は、驚きのナンバー付きながらも、展示のみ。

091025y (2).jpg

DT1

091025y (3).JPG

オーナーさんとお話すると、1Fだそうで、外観をDT1にしているとのこと。
もう一台のレストア中のDT1をお持ちだそうで、羨ましい (^^)

DT1F

091025y (4).jpg

おぉ〜、新車の輝きデス!
付近にオーナーさんは、見当たらず (^^;;


posted by QA50 at 21:32| Comment(0) | イベントとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みかも2/メジャーな

いろいろなバイクが集まりますが、
一番賑やかなのは、流石、富士重のお膝元の北関東だけあって、
ラビット

091025m.jpg

その数20台。
有名な快速ラビット隊の皆様。

メグロは、どれも見事なレストア具合で、5台オーバー。

091025m (1).jpg

いいなぁ、S8

各時代のマッハが3台。

091025m (2).jpg

CB92が3台とその時代もう少し大きめバイクが2台。

091025m (3).jpg

やっぱり、日本のバイクの原点は、この辺り

091025m (4).jpg

いずれもブリジストンの1950年代のモデルらしい
意外と元気な排気音でした。


posted by QA50 at 21:00| Comment(0) | イベントとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

オールドタイムランみかも

たまには、σ(^^)もイベントに出てみようかと。
昨年からチェックしていた栃木のクラシックバイクな集まりにエントリ

1975以前のバイクはOKなので、TYがギリギリでエントリー可。

雨が心配でしたが、降られずに会場に到着 (^^)

091025.jpg

国産バイクが多く、キレイにレストアしているものもあれば、
そうでないものも。
また、展示のみのバイクもありますが、100台以上と少なからぬ参加数で、20km強を走行。
今年で、まだ、3回目だそうです、詳細は後日。



posted by QA50 at 21:43| Comment(0) | イベントとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

まだまだいけるゾ、TY125

メーカーの部品供給は先細りで、
2ストだと、消耗系パーツになるオーバーサイズなピストン関係も、
遂に在庫がなくなった模様。
リングは、まだ、あるみたいですが。

が、諦めないで、探してみると、リプロのピストンやコンロッドが販売されています。
ピストンなどは、メーカーが4オーバーサイズまでですが、
8オーバーサイズまでラインナップされていたり。

なので、シリンダーさえ手持ちを確保していれば、ボーリングして、
長く快適なTYを愉しめる可能性も高そう。

シリンダは、解体部品でしか手にできないので、何とかキープしましたが、
それをボーリングしたり、そのサイズのピストンを用意したりする
軍資金は厳しいなぁ〜 (^^)



posted by QA50 at 23:01| Comment(10) | ヤマハTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

ヘッドライトの球切れ

TY125のサービスマニュアルの配線図を眺めると、
ヘッドライトとメーターの照明は、スイッチより先で同じ配線(黄/白)になり、
マグネットにつながっています。(AC(交流)ライトコイル)

ウィンカーや制動灯、バッテリは、マグネット(緑/白)からレクチを介して、電流が流れる模様。(チャージコイル)

レクチからのもう一本の線(黒/白)は、イグニッションへ

なので、灯火類は、ヘッド系とその他で、それぞれ別系統になるよう。

英文の整備本ハインツの6章に電装システムのことが書いてあるのですが、
配線の色が、日本仕様と違うようなので、参考になるのか、ちょっと不明。

ヘッド球切れ問題に影響しそうなことは、球が定格(25W/25W)でないとか、
ACライトコイルの不調とか。
なので、球のWチェックとか、マグネットのACコイルの比較(抵抗値)チェックと交換くらいで、問題が解消するといいのですが (^^)
他車との電圧比較も不具合箇所を見つけるのいいような気も。

べんがらさん、必要なら、配線図と英文ですが電装情報を
メールしますよぉ (^^)




posted by QA50 at 23:50| Comment(2) | ヤマハTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。